« 猫お宝がやってきた♪ | トップページ | ボールをあっためたら、ひよこになるかな? フォトby息子 »

まやさまに描いていただきました☆

ねころぐの美にゃん猫ず
まやさま、ありがとうございます☆
もう、にゃんとお礼をいっていいやら。うれし~☆

すっばらし~。
ほんとに、うちの猫たちだわ。
特徴がとってもとってもばっちりです。
http://non.cocolog-nifty.com/photos/thanks/08nekologm.gif

絵をクリックしていただくと大きくなります。♡

で、いままで、いろいろ絵を描いていただいたので、ねころぐニャンズの美術館を、アルバムに設置しました。
描いていただいた方々、とっても感謝です。(=´∇`=)にゃん

|

« 猫お宝がやってきた♪ | トップページ | ボールをあっためたら、ひよこになるかな? フォトby息子 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

NYANさま、千寿庵さま、美緒さま、tanyさま、みるきいさま、コメントありがとうございます♪

NYANさま♪
シャネルくんとBOSS、いいですよね♪
ヴィトンくんとエルメスくんもかわいいんだけど♡

千寿庵さま♪
あはは。脳内変換~。
みんな、すごく特徴つかまれていますよね~。
すばらしいにゃん。

美緒さま♪
ありがとうございます。
いいですよね~~。
雰囲気がとっても「ねころぐ」なのです。(^^)

tanyさま♪
まやさまは、本職ですものね~。
もう、めっちゃうれしいにゃん、なのです。
シャネルくん、いいですよね♡

みるきいさま♪
このシャネルくんいいですよね。
私も、お気に入りです。♡

投稿: NON@ねころぐ | 2004.11.09 15:07

すっごいカワイイ!(@@)
いやそうなシャネルm君尾の表情が・・ナイスです!

投稿: みるきい | 2004.11.09 12:43

このシャネル君 最高ですねぇ~
みなさん、絵がお上手ですね・・

投稿: tany | 2004.11.09 12:05

これは、いい~♪
みんな、ナイスですね~!
ヴィトンくんのおりボンといい、シャネルくんの表情といい、エルメスのハロウィンクリップ、ボスのピンクのほっぺ。
全体の色合いも、ねころぐのイメージにあって、絶妙です。

投稿: 美緒 | 2004.11.09 11:29

うわー。
シャネル君いい~。
勝手にうにくんに脳内変換してしまいます~。
みんなかわいくて特徴でてますね~。
BOSSくんは耳が隠れているのでゆずくんにも通じます。
かわいいですね~ほんとに。

投稿: 千寿庵 | 2004.11.09 10:30

きゃぁ~、可愛い。
シャネル君とBOOS君の表情がたまりません。

投稿: NYAN | 2004.11.09 10:23

まやさま~~~☆

もう、にゃんとお礼をいってよいのやら~~。
ありがとうございます♪
サイドバーにもおかせていただきました。
感謝感謝~。

いや、ひそかに、シャネルくんは、かなーり、気に入ってます。(^^)

投稿: NON@ねころぐ | 2004.11.09 00:01

NONさま☆ 大好きなねころぐでつかっていただき、うれし涙でいっぱいです〜!
シャネルくんの表情は、もしかして失礼かしら? とちょりっとびびっていたんですが、気にいっていただいたようで安心しました〜!
ねころぐ猫ずは、みんなそれぞれ個性的で、描いていて楽しかったです♪

うこさまにも、おほめのお言葉をいただいて、うれしかったです〜(T T)

投稿: まや | 2004.11.08 23:58

うこさま、コメントありがとうございます♪

でしょでしょ~~。
ヴィトンくんとエルメスくんの天然風のかわいらしさも、さすがですが、シャネルくんは、かにゃりツボにはまりますよね。
いや~、ほんっとに、うちの連中以外のなにものでもありませんわ。
BOSSくんの表情も、もう、素敵ですにゃん。

投稿: NON@ねころぐ | 2004.11.08 23:53

可愛いぃ~~!!!
ヴィトン君のビミョーな色合いも見事だわん。
私的にはシャネル君がツボ!
いつぞやの写真でこんな顔してましたよね♪
BOSSも、ウサ耳で可愛くなっちゃって(* ̄m ̄) ププッ

投稿: うこ | 2004.11.08 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3313/1904343

この記事へのトラックバック一覧です: まやさまに描いていただきました☆:

« 猫お宝がやってきた♪ | トップページ | ボールをあっためたら、ひよこになるかな? フォトby息子 »